マグネット広告についての情報が満載です!

このサイトでは、マグネットを利用して宣伝をしようと考えている方のために、マグネット広告にはどんな種類があるのか、また用途によってどのマグネットを選べばいいのかなどを詳しく紹介しています。
実際にどの種類を選ぶのか決めた後、作成をする時はどのような流れなのか、また大体の費用についても解説しています。
デザイン・予算などについて総合的に考えながら、どのマグネットを選ぶのかを決めることができるようになります。

マグネット広告を作成する際の流れ

マグネット広告を作成する際の流れ マグネット広告を作成するときは、まずどんな種類でどんな形のものを選ぶのかということを決定します。
種類に関してはどのような用途で使うのか、また予算などの兼ね合いで決める必要があります。
次にデザインを入稿します。
マグネット広告を作成する一番重要なポイントとなるのがデザインなので、しっかりと宣伝ができるようなデザインを慎重に選ぶのがおすすめです。
入稿の前かまたは同時に、入金をします。
そのあとは納品を待つのみです。
納期に関してはマグネットの種類や数量によっても変わってくるので、デザインを選ぶ前に必要になる日から逆算して入稿することで、届かないというトラブルを回避することにもつながります。
事前に確認してスムーズな作成を行っていきましょう。

マグネット広告は目的を明確にして作成する

マグネット広告は目的を明確にして作成する マグネット広告は、もらった人達が目につきやすいところに掲示することになるため、覚えてもらいやすい広告となります。
したがって作成する際には、いくつかのポイントを踏まえて専門会社に依頼をすることが必要です。
どういった目的でマグネット広告を依頼するのかをまず考えます。
会社や商店が仕事内容を理解してもらい、多くの人達に名前を覚えてもらうことが目的となります。
したがってその目的にそって、広告づくりをする努力をします。
マグネット広告は、さほど大きなものではありませんので、インパクトのある内容をコンパクトにまとめることが大切です。
会社名や商店の名前、さらには連絡先がわかりやすく書かれていて、アクセスしやすいように工夫します。
マグネット広告を請け負う専門会社は多くあり、インターネットなどで簡単に注文を受け付けています。
いくつかの会社に絞って検討をすることが必要です。
その際には見本を多く掲載していて、問い合わせに親切に対応してくれるようなところを選ぶことがポイントとなります。
販促商品としての役割を果たせるような、魅力のあるデザインのマグネット広告を依頼します。
費用についても良心的な専門会社を選ぶことが必要です。

マグネット広告は優秀なノベルティで、デザインデータが綺麗に印刷できる

マグネット広告は、自社のプロモーションに役立つ有能なノベルティグッズとなります。すでに大小様々な企業が、マグネット広告を宣伝に活用しています。マグネット広告には文字通り磁石が使われており、実用性が高いノベルティグッズとして家庭やオフィス、学校や公共施設で使われる可能性大です。自社の社名や宣伝したいサービスや新製品の名前を、表面の目立つところに大きくプリントアウトすれば、自然体でプロモーション活動が行えます。ホワイトボードや冷蔵庫、メタルラック等へ気軽に貼り付けられるのがマグネット広告の利点であり、受け取ったユーザーの方はもちろん、職場の方や家族の方々も自然と目にとめてくれるでしょう。デザインソフトで作成したデータを、高品質な解像度で印刷できるのもメリットです。過去に製作したチラシやポスターのデザインデータを上手く応用してマグネット用に置き換える事も、十分出来るでしょう。マスコットキャラクターや企業ロゴ、新製品の画像などを目立つように大きくプリントアウトできるのも、平面で薄いマグネットという素材特有の利点です。

マグネット広告にかかる費用は高いのかについて

マグネット広告は最近では、会社や企業などの身近な広告として知られているため、日頃生活している中で重要な情報源となっている方は少なくないのではないでしょうか。ですが、今までこれを使ったことがない方にとって感じる疑問として、マグネット広告を作るためにかかる費用は高いのかどうかについてです。そのような方はこのことを知りたいと感じている方が多いのは事実です。これからマグネット広告にかかる費用は高いのかについて説明していきます。この広告は最近では値段をかけて作り上げると言う会社や企業の方が多いため、比較的値段がかかってきてしまうことに間違えはありません。しかし、中には大量に作って予算を抑えることで低価格を実現していたり、材料や手間をかけない影響で、予算を安くするやり方をとっているところもあります。その結果、必ずしも予算が高くなってしまうのかと言うと、そうではありませんし、安く抑える方法もあると言うことです。

マグネット広告の入稿はすべてネットで行える

マグネット広告の受注をネットで行っている業者は、データの入稿もネットで行います。ファイルをサイトからアップロードしたりメールで添付したりして行う仕組みとなっています。多くは使えるファイル形式や手順などをサイト内で解説しているので、難しくありません。電話対応をしているところなら、すぐに問い合わせて確認できるので、不慣れで億わからない方は電話窓口を用意している業者がおすすめです。デザインをする環境がない場合は、テンプレートを用意していてダウンロード不要でデザインが作れる業者が良いでしょう。マグネット広告として十分に使えるだけのテンプレートが用意されているので、ゼロから作らなくてもよくデザインの手間も省くことができます。業者によってはさらに、手描き入稿ができる場合があります。これはデザイン料がかかってしまいますが、手描きのイメージを基にプロに仕上げてもらえるので、見栄えがとてもよくなるので満足度が高いです。

マグネット広告の納期は業者により異なるので比較して選ぼう

マグネット広告の具体的な納期は業者により異なりますが、ネットで注文するタイプの業者は比較的早いです。その理由は、注文がすぐに業者の方に伝わり、データの入稿もネットを介して行うのでタイムロスが少ないからです。長くても一週間ほどを見ておけば十分間に合わせることができます。中には通常料金に一定額を上乗せすることで、より短い日数で納品してもらえる業者もあります。もし、マグネット広告がすぐに必要であるなら、こうしたサービスを使うことで間に合わせることができるはずです。具体的にいつまでに必要と決まっていて、それがあと少しの日数しかないというなら、それに間に合わせられる業者がないか探していくと良いでしょう。ある程度余裕があるなら、納期の早さはあまり重視する必要はないので、料金や対応の幅などで選ぶと良いです。重視しなかったとしても、たいていは一週間程度で届けられるので遅くなりすぎるということがないので不満も感じないはずです。

マグネット広告の作成による集客効果について

主に水道の修理業者などが有効活用しているマグネット広告ですが、マグネット広告には一般的な紙の広告よりも非常に多くの集客効果が期待できます。
マグネットによる広告と紙の広告の最も大きな違いの一つに、配った相手に保存される可能性が挙げられます。
紙の広告の場合、もらった瞬間に読むことすらなくすぐ捨てるといった人も非常に多くいます。
一方でマグネットにして配布した場合、紙に比べマグネットとしての利用価値があるので、すぐに捨てられることが比較的少なく、捨てられにくいということは読まれやすいということなので必然的に広告の効果も期待できます。
また、保存された後広告が目に入る頻度も大きく違います。
マグネットとして利用されている間、常に部屋の中にあり意識しなくても目に入ることが増え、さらに大きい宣伝効果も期待でき、単純接触効果により好印象を与えられる可能性も大きくあります。
このような理由から、マグネット広告の作成による集客効果は紙媒体よりも大きいのです。

マグネット広告の専門店ではテンプレートで簡単に作成できます

マグネット広告を大量発注することを希望する会社では、ネット上で営業をする専門店を利用する方法で、格安料金にて作成することができます。
発注する枚数が多いほど、割引率をアップしている専門店もあるので、依頼する会社側では予算に合わせやすいメリットもあります。
マグネット広告を作るには通常は専門店側で用意している定型サイズから選ぶ方法で1枚当たりの単価を低くできますが、肝心なデザインにおいてはグラフィックソフトで指定された形式でデータとして入稿する方法が多い傾向にあります。
依頼する会社側でデザインに自信が無かったり、そもそもグラフィックソフトを扱える人材がいないという環境では、マグネット広告の専門店の中にはバリエーション豊富なテンプレートを無料で使えるように提供をしているので、宣伝内容に相応しいデザインのテンプレートを探し出し、文字入れだけをする方法で簡単に作り出せます。
この方法は専門店の公式サイト内で作り出せるように工夫している場合もあるので、グラフィックソフトが無くても完成度の高いマグネット広告は作成できます。

マグネット広告を作成すれば注意喚起も行える

広告といえば紙媒体のものがイメージされることが多いですが、実際にはマグネットタイプのものもあります。
マグネット広告はポストなどの内側に貼り付けることにより、伝えたいことを見逃させない効果があります。
紙であれば新聞と同時に捨てられることもありますが、マグネット広告ではそういった問題もある程度はクリアできます。
その特徴を活用し、注意喚起を行うことも珍しくありません。
注意喚起用のマグネット広告を作成するときには、その内容をなるべくわかりやすく記しましょう。
広告は何分もかけてじっくりと見てもらえるようなものではなく、一瞬で判断されます。
一瞬であっても内容が伝わるように簡潔に書くことをお勧めします。
情報量が多いマグネット広告はそれだけでまともに見てもらえなくなることがあるので、そのことにも注意を払う必要があります。
なるべく2色ほどに留め、危険性などを訴えかけるものにしておくことで効果を発揮しやすいです。

マグネット広告作成の際にはイラストを載せるのもおすすめ

マグネット広告はポストを開けた時に内側に貼り付けられているタイプの広告であり、他のチラシなどとまとめて捨てられるリスクが少ないことから多くの業者が作成しています。
しかしながら、マグネット広告のことを良く思わない方も少なからずいて、そのデザイン次第ではむしろイメージダウンになることがあります。
そこでお勧めなのがイラストを載せることです。イラストがあるだけでかわいさを出すことが出来、イメージを大きく高めることが可能となります。
ただし、その内容はオリジナルであることが欠かせません。既存のキャラクターを使用すると著作権の問題が発生してしまうからです。
似せようとする行為もリスクがあります。
あくまでオリジナルであることを意識しましょう。どうしても既存のキャラクターを使用したい場合には、その版権元から許可を得る必要があります。
一般にマグネット広告に使用する許可を出す企業は珍しく、あまり現実的な選択肢ではないといえるでしょう。

マグネット広告の作成による顧客獲得の可能性

主に水道の修理業者などが多く配布しているマグネット広告ですが、それによって新たな顧客獲得の可能性が大きくあります。
顧客がマグネット広告を受け取ったとき、どのように処理するのかを考えてみると、大抵はその場で処分するか冷蔵庫などマグネットのくっつくところに付けて置いておくかに分かれます。
その場で処分された場合は一般的な町で配ったりポストに投函されたりする広告と大差がないのですが、もしも冷蔵庫に貼られた場合、通常の広告よりも非常に大きな効果を発揮します。
1人暮らしをしている人や家族のために料理を作ったりする人は、毎日と言っていいほど冷蔵庫に目を向けます。
そして毎日目を向ける冷蔵庫にマグネット広告が貼られていた場合、毎日目にするわけですから当然意識には刷り込まれますし、単純接触効果によりその広告主に対する好印象も期待できます。
このような理由から、マグネット広告の作成は商品やサービスの宣伝という観点で非常に優秀なものだといえます。

おすすめのマグネット広告情報サイト

マグネット広告で宣伝しよう

新着情報

◎2022/11/15

情報を追加しました。

> マグネット広告の作成による集客効果について
> マグネット広告の専門店ではテンプレートで簡単に作成できます
> マグネット広告を作成すれば注意喚起も行える
> マグネット広告作成の際にはイラストを載せるのもおすすめ
> マグネット広告の作成による顧客獲得の可能性

◎2021/1/18

病院で利用するメリット
の情報を更新しました。

◎2020/11/13

木製で作成する際の費用
の情報を更新しました。

◎2020/8/7

マグネット広告の費用
の情報を更新しました。

◎2020/07/31

サイト公開しました

「マグネット 流れ」
に関連するツイート
Twitter

返信先:ちいかんのチャリメラ回🍜家族で大好きで何回も見てます(*^▽^*) CMで流れて来た時は、CMに集中し過ぎてみんな動き止まってます😂💕 オリジナルマグネット当てて、ちいかわとハチワレに癒されたいです❤️

マグネットの7階ずっとPV流れてるし最高空間だった 時間ある時また来たい〜!

イルマ落としたらマグネットのカバーだけ吹っ飛んで下水に流れて行きましたけども

Subway DaydreamのRadio Starがついにラジオで聴け感慨深い! 海外のFMで流れてるかのような、爽快感感じるサウンドに気持ちよく歌い上げる様が心地よい! ミナホはじめサブウェイにとってキラーチューンになりつつありますね Radio Starのモデルとなったナードマグネットすださんにも届け〜